性病にはさまざまな種類があり、例えば女性の陰部に痒い、臭い、痛いなどの症状があると性病かもしれません。
例えば白いチーズのようなおりものが出て痒いと、カンジダに感染している可能性があります。
性行為がなくても感染することがあり、身に覚えがないからとそのままにしておくと人に移してしまうケースがあるのです。
放っておくと悪化してしまうこともあり、免疫が落ちている場合に発症することが多くあります。
男女関係なくうつることがあるので注意が必要です。

性行為をしなくても感染する!?

ストレスでぐったりしている女性

性病にはさまざまな種類がありますが、特にカンジダは女性がなりやすい病気です。
もともとカンジダは体にある常在菌で普段は問題を起こさないのですが、免疫力が下がったり妊娠中などに増えることがあり臭い、痛いといった悪さを引き起こします。
性行為からの感染経路もありますが女性の場合常在菌から感染することが多く、膣内に存在するカンジダ菌が増殖し引き起こすのです。
陰部の痒みやおりものの異常といった不快な症状が特徴で、カンジダ菌は膣内はもちろん口の中や消化管などにも存在しています。
風邪や疲労などによって免疫力がダウンすると増殖し、女性には身近な性感染症で20%の人は一度かかったことがあると言われています。
免疫が落ちる時に最も多いと言われていて、例えば月経前のホルモン変化や妊娠中に発症しやすい傾向です。
抗生物質などを服用している場合善玉菌も一緒に死滅するので、膣内環境が悪化してしまい発症することが考えられるでしょう。
糖尿病でも発症することがあり、日常生活では通気性の悪い下着を着用していると環境が悪くなって増幅することもあります。
発症しやすい病気で再発率も高く、改善したからといって安心できません。
日常生活での感染経路を断つためにシャワーや入浴したの後、陰部をしっかり乾かしたり清潔な下着を着用することが大切です。
カンジダ菌などは暖かく湿気を好む傾向があり、そのような環境を作らないことが大切です。
日頃から免疫力を落とさないよう気をつけたり、バランスの良い食事をとり風邪などを引いた時もきちんとした処置が必要です。
性病は性行為から感染すると思い込んでいると、痒みや臭いなどの異常に気付いていても性病だとは思わない人も多くいます。
まったく症状がないので気づかない人もいるので注意が必要です。
知らない間に性病に感染していてそのまま放置していると、症状が酷くなることがありおさまったと安心していても再発する病気なのでしっかり改善する必要があります。
感染している時は誰とも性行為を行わないことが大事で、パートナーに感染する確率が高いので注意しましょう。
既にパートナーに何かしら症状がある場合、病院で診断してもらい悪化することを予防することが大切です。
日頃から注意することで感染を阻止することができます。

性病を放っておくと後悔する!

バスルーム

性病は性行為以外から感染するので、家族でタオルを共有するには注意が必要です。
タオルを介して家族に感染する可能性があるので、もし発症している場合は個々のタオルを使う必要があります。
強い痒みが出ることがありつい強くかいてしまいますが、陰部をかくと痒みが酷くなり感染が広がる可能性もあるでしょう。
特に女性の場合は陰部を清潔に維持しようと思って、石鹸を使って洗い過ぎる傾向があります。
除菌や殺菌成分が含まれたボディソープが販売されていて使用している人も多いですが、陰部には善玉菌や悪玉菌・日和見菌などが存在していてすべて殺菌してしまうと膣内環境が悪くなります。
このような殺菌もカンジダなどの発症原因と言われていて、石鹸は低刺激なものや専用のものに変えて使用することが大事です。
既に感染している段階では刺激になり炎症が酷くなることもあるので、シャワーを使って軽く洗い流し強く洗わないようにします。
性病に気付かない人も多く、理由として陰部のトラブルは誰でも一度は経験していてナプキンなどによるかぶれが起こるため、性病によって起こされていると思わないからです。
一時的に痒みはかぶれによって起こると思い込み、性行為を行っていないので性病にはかからないと思い込んでしまいます。
カンジダなどは性病の中でも発見されやすい病気で、症状には特徴があり普通の陰部のトラブルとは異なります。
比較的発見されやすいのでセルフチェックしてみると良いでしょう。
分かりやすい症状に外陰部にチーズのような白いおりものが出現するようになります。
ポロポロのおりものが下着に付着するようになるので目で見て分かります。
普段からおりものシートなどを付けていると気付かないこともありますが、おりものに異常があれば性病に感染していると疑うことが可能です。
気づかなければおりものの臭いを確認すると良いでしょう。
いつもと違うような臭いがすると性病に感染していることが多く、クリニックに行って検査することをおすすめします。
おりものの量が普段よりも増えると性病になっている可能生が高く一日に何回も下着を取り換えなければいけない状態や、泡のような形状のおりものが付くようになると健康的な状態とは言えず、クリニックに行くことをおすすめします。

性病予防の効果的な方法はコンドーム

コンドーム

性病を予防するのに最も良い方法は性行為自体を行わないことですが、現実的な予防方法として不特定多数の人たちと関係を持たないことが大切です。
接触する人が多ければ多いほど相手が性病に感染している確率が上がり病気を拡げる可能性も高くなるので、特定の信頼することができるパートナーと性行為を行うことが望ましいでしょう。
性行為において挿入する前に必ずコンドームを使うことが大切です。
中には最初はコンドームなしで途中からコンドームを使用するという人もいますが、性病感染予防の観点からはまったく意味はありません。
特に初めての相手とは必ずコンドームを使うことが大切で、自分が性病になるかならないかという境目になります。
但し、コンドームを適切に使っているから安全・安心であるとは必ずしも言えません。
最近では喉に感染するようなクラミジア淋病などの感染が広がっていて、性行為において口を使用するとこの行為により喉などに感染する可能性があります。
残念ながらコンドームだけでは感染を防ぐことができない種類もあり、さまざまな性病を予防するのにまず相手が感染していないかきちんと見極めることが大事です。
データによると性行為を行う相手が多ければ多い人や不特定多数の人と性的な関係を持っている人ほど、コンドームの使用率が非常に低いということがあげられます。
このような人は性病に感染しているという確率が高く、特定のパートナーがいる普通の人と比較するとかなりの確率で病気になっていることが言えます。
もし不特定多数の人と性行為を行っている状況にある人と出会い、その相手と性行為を行うと性病に感染する確率が普通の人よりも高くなると言えるでしょう。
不特定多数の人を相手にしている人と性行為を行わないということは単純に感染する確率をダウンすることが可能です。
感染している確率が高いような人に会わないようにするということが大切で、日頃から注意しなければいけません。
性病とは無関係の人と性行為しても感染することはなく、最も大切なことはきちんと事前に相手を選ぶことです。
相手を選びきちんとコンドームを使うことによって、性行為による性病を予防することができ自分はもちろんパートナーも守ることができます。
もし性器に何かしら異常を感じているなら、男女問わず性行為を行わないことが大事です。