エイズは発症しないことも可能に!?

HIV=エイズと思っている人もいますが、実はそうではありません。
昔は治療方法がなく、感染してしまうと死を待つ病気として恐れられていました。
現代では医療の進歩によって、HIVに感染していても通常通り生活を続けることは可能な時代となっており、死に直結するウイルスではなくなりました。
HIVに感染するとヒトの免疫細胞が破壊され、徐々に免疫力が低下していきます。
このウイルスが恐ろしいのはウイルスそのものではなく、こうした症状によって抵抗力が失われ、普段感染することがないような細菌やウイルスにも侵されるようになる点です。
免疫力さえ維持することができればHIVに感染していても死ぬことはないのです。
混同されやすい「エイズ」とは免疫力が低下したことにより、カンジダ症、クリプトコッカス症、ニューモシスチス肺炎、コクシジオイデス症、ヒストプラズマ症、クリプトスポリジウム症、トキソプラズマ脳症など厚生労働省が定めている23の合併症を引き起こすことで診断されます。
HIVに感染していても免疫を維持することができればこうした症状を起こしません。
エイズになることなく健康な生活を続けることが可能なのです。
エイズ発症にならないためにはできるだけ早く感染に気付き、HIVの治療を開始していくことが大切です。
主なHIVの感染原因は性交によるものがほとんどのため、HIVは性病とも言われており、実際に私生活の中では注意さえしていれば感染することはありません。
他の性病を抱えているとHIVの感染確率も高まるため、予防するためには避妊具の使用やそのほかの性病の治療も必要です。
また、HIVそのものは非常に感染力の弱いウイルスのため、感染者と性的接触があったとしても必ず移ってしまうわけではありません。
相手のウイルス量や自身の免疫力、健康状態にも左右されます。
感染しないようにするためには正しい知識や対処法を身に付けておく必要があります。

エイズ治療の進歩

HIVは潜伏期間が非常に長いため、エイズ発症となって初めて感染に気付く人も少なくありません。
実際に感染原因が不明として報告されている例も全体の10%程度あります。
23の合併症を引き起こしてエイズとして診断されたとしても、症状によっては回復する見込みもあるので、あきらめずに治療をしていくことが大切です。
HIVの治療には毎日欠かさず薬を飲み続ける必要があります。
医療の進歩によって昔と比較すると副作用が少なく、飲みやすい薬も増えてきました。
しかしウイルスは変異することによって薬剤に対する耐性ができてしまうことがあるため、変異させないためにも血中薬剤濃度を一定に保つ必要があります。
薬剤に耐性を持ってしまうと本人の治療が困難になるだけでなく、もし誰かに移してしまったときにその人の治療にも影響を与えてしまいます。
コントロール不能にならないためにも薬の飲み忘れや量に注意しておく必要があります。
現代医学をもってしてもHIVは不治の病ですが、コントロールが可能なため、すぐに死んでしまうわけではありません。
医療が発展すれば将来的には不治の病ではなくなる可能性もあります。
しかしそれはまだ遠い先のことかもしれませんので、感染しない、移さないことが非常に重要です。
残念ながら日本においてはHIVの予防が不十分で、感染者が拡大している傾向にあります。
HIVは偏見を持たれやすい病気のため、間違った知識を持っている人も少なくありません。
医療が発展することももちろん大切ですが、感染を広めないためには定期的に検査を受けて安全を確認することや、他人の精液や血液に直接触れない、正しい知識を持ってHIVと付き合うなど、一人一人が理解を深めていくことが大切です。