そのイボ、尖圭コンジローマ?

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスが原因となってイボのような良性腫瘍が性器周辺にできる性病です。
ヒトパピローマウイルスそのものは100種類以上ありますが、尖圭コンジローマを発症する原因となるヒトパピローマウイルスは6、11型であると考えられています。
尖圭コンジローマでイボができる原因はヒトパピローマウイルスが粘膜や細胞を異常増殖させた結果、皮膚がイボのようになってしまうからです。
ヒトパピローマウイルスに感染して尖圭コンジローマの代表的な症状であるイボが確認できるようになるまでには、3週間から8ヶ月程度の潜伏期間があります。
尖圭コンジローマは比較的潜伏期間が長い性病であるため感染したことに気づかないことも多く、感染経路を特定するのもしばしば困難な場合があります。
尖圭コンジローマは性行為によって主に感染しますが、オーラルセックスやアナルセックスによっても感染します。
感染を予防するためには、これらの性行為の際にコンドームを正しく着用することが大切です。
また、尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスに一度感染すると完全に排除することは困難です。
そのため、再発率も非常に高い性病です。
身体の免疫力を高めていればウイルスの活動を抑えることができるため、ストレスや疲れを貯めないようにすることが大切です。
女性が尖圭コンジローマに感染してもすぐに症状が出ることは稀です。
通常、数週間から数ヶ月経過した後に外陰部にイボのような腫瘍ができ始めます。
イボの多くは膣の入り口や肛門付近にできますが、膣の内部にも症状があらわれることがあるため注意が必要です。
イボの大きさは1~3mm程度ですが個人差があります。
イボができても痒みや痛みはほとんどないためイボができても気が付かないことがあります。
長い間放置しておくとイボが次第に大きくなったり、イボの範囲が拡大したりします。
一方、男性が尖圭コンジローマになると陰茎や肛門周辺にイボのような腫瘍ができるようになります。
イボの大きさには個人差がありますが1~3mm程度です。

尖圭コンジローマの治療方法

尖圭コンジローマの治療はクリーム剤を塗布する薬物療法とイボを直接取り除いたり、焼いたりする外科的治療(手術)に分けることができます。
薬物療法において用いられている薬にはベセルナクリームとイミキアドクリームがあります。
イミキアドクリームはベセルナクリームのジェネリック医薬品であるため、その効果はほとんど同じです。
ジェネリック医薬品である分、イミキアドクリームの方が費用負担が少なくて済みます。
クリームを塗った箇所に少しずつ原因となっているヒトパピローマウイルスに対する免疫ができる結果としてウイルスを追い出すことができます。
イボの症状が消えたとしてもウイルスは残っていることがあるため厳重な管理が必要です。
外科的治療(手術)には様々な種類があり、具体的には、切除・CO2レーザー蒸散・電気メスによる焼灼法や液体窒素による凍結法などがあります。
外科的治療は大きなイボでも効率的に無くすことができる一方で、治療後に痛みが出たり傷跡が残ってしまうことがあります。
イボの状態によって最適な外科的治療方法は異なるので、自分の尖圭コンジローマの症状に合わせて治療を行うことが大切です。
専門的な知識がある医師に相談して最適な施術を決定することが必要となります。
ヒトパピローマウイルスは皮膚や粘膜の微小な傷から侵入して感染するため、外科手術によって完全にヒトパピローマウイルスを取り除くことはできません。
そのため、外科的治療を行う場合であっても薬物療法を欠かすことはできません。
治療終了後も厳重に経過観察を行って、再発の早期発見あるいは予防に努めることが必要です。
女性の場合は婦人科、男性の場合は泌尿器科や性病科の病院で主に治療が可能です。